これでいいのか広島県

歴史

広島県の四大都市 広島市、呉市、尾道、福山市を中心にそれぞれの

都市の現状や問題点を指摘した面白い本が、ポートプラザの啓文社にディスプレイして

あったので、手に取って読んで見た。

福山市のページでは、駅前や、福山城西側の福山城跡を壊して地下駐車場や、美術館・博物館を建設したことを指摘、福山城を観光の中心にという動きを、嘲笑しています。福山市民はおかしいと!市民はまともでしたが、当時の羽田市長と福山市議会が異常でした。壊され、破壊された福山城を盛り上げるにはもっとすることがあるように思います。瓦の補修や、北側の鉄板を追加したくらいで、観光の目玉になりようが無い。やっている事が中途半端で、福山市民はこれくらいのことしか出来ないのかとバカにされても致し方ない。100年かけるくらいの気持ちで、修復を計画してみますか。


天守閣だけでなく、お城内の櫓やお堀を含めると姫路城をも凌駕する規模でした。
今日では、お堀は跡形もなく、無くなっています。
津久井さんと、東さんの協同作業でできあがった復元された福山城の模型です。
福山城のかつての規模をどこまで復元するかが、福山市民の気概の見せどころです。
歴史の遺産を、壊し続けて来た人達がいたことも事実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました