日々雑感

Thinking more Thinking

*

交通事故時の紛争処理に役立つ機関

   

交通事故は、被害者であっても加害者であっても
双方ともに嫌なものです。
事故にあった経験のある人は同じ事を思います、
事故前のほんの一瞬に戻ることができるならと。

車両の破損等も大変ですが、人がケガをする事で、
大きな後遺症が残ったり、最悪命を落とす事もあります。
自動車の場合には、強制保険である自賠責保険と、
任意保険に加入していれば、保険で処理を行うことで、
経済的な賠償責任や、損害を軽減する事ができます。

自転車ブームが定着して、自転車の利用者が増えています。
それに伴って、自転車による事故も耳にする事が多くなりました。

万が一に備える為の保険ですが、実際に事故に遭遇して、
賠償問題や、過失割合でもめる事も多く、
事故解決がスッキリしない事も多く、困ってしまいます。

保険会社同士が、事故処理で話し合ってくれていても、
納得できない時、弁護士に相談したり、裁判になるケースもあります。保険で弁護士費用が出るプランもありますが、裁判になると
解決までに時間が掛かってしまいます。

費用も掛からず、弁護士基準で示談を行ってくれる機関が
あります。
公益財団法人 交通事故紛争処理センター
全国各地にあります。
居住地によっては、近くでないケースもあるでしょうが、
保険会社の示談交渉や、過失割合に納得できない時、
弁護士さんが双方の状況を聞いて、弁護士基準で
示談を行っていただけます。
交通事故の処理基準が
自賠責基準
任意保険基準
弁護士基準と
3つの補償基準があります。
順番に、補償基準ベースがアップしていきます。
不思議ですよね、事故処理の公平さを欠くように思います。

交通事故でお困りな人は、お電話して見て下さい。
きっとお役にたちます。
保険各社が、出資して出来ている機関です。
安心して相談できます。
この機関の弁護士さんが提示される示談内容は、
基本的には、保険会社は従うような合意があります。

 

 

 - 交通事故

Adsense1

Adsense1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした