各キャリアは、いったいどうしたいの?

携帯キャリア

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアのスマホ利用料金が、
見事に横並びです。
この料金からそれぞれ割引が適用されます。

LTE回線が利用できる最新スマホが発売された時には、
一斉に通話料金が従来の割引パックプランが無くなり、
30秒当たりが20円になるようなプランに変更になりました。
「高」通話できませんねって会話が多く聞かれた時です。
最新スマホでは、通話料金が高いので、
通話はキャリア回線を使わないで下さいと言わんばかりの変更でした。

そして、話し放題プランをドコモが採用、
通話はどこにかけても定額が各キャリアも一斉に採用するや、
この通話定額プランが基本プランに置き換わり、
データー通信料金を選択できるように変更されました。

ころころ、通話とデーター利用のニーズを逆手に取って、
通話量の多い人には、割安感がでましたが、
スマホのデーター通信を利用した、無料通話アプリを利用する、
若い人とか、家族、友達間で通話回線を使わない人達には、
通話の定額料金が割高になっています。

結論 キャリアの提供する利用料金が割高だと感じられる
人は、SIMフリーの端末の利用を検討される事を
お勧めします。既に、キャリアの電話番号は必要がなくても
困らない人は多いはずです。

iPhoneとAndroidの比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました