日々雑感

Thinking more Thinking

*

入社時の労働条件の書面による明示義務

   

正規雇用、パートアルバイトにかかわらず義務づけられています。

そもそも、コンビニであっても各店舗のアルバイトの雇用は

それぞれのオーナー経営者が決定して、雇用する形態です。

地方の中小企業、個人商店となんら変わりません。

アルバイトといえども、労働契約、雇用契約です。

使用者は、従業員と労働契約を締結する際に、

その従業員に労働条件を明示しなければなりません。

特に、契約期間、就業時間、賃金など、重要な労働条件については

口頭ではなく書面での明示が求められます。

労働条件の明示義務に違反した時は、30万円以下の罰金に処せられます。

  1 労働契約の期間

  2 就業場所、従事すべき業務

  3 始業・終業時刻

  4 所定労働時間を超える労働の有無

  5 休憩時間

  6 休日

  7 休暇

  8 労働者を二組に分けて就業させる場合における

   就業時転換に関する事項

  9  賃金の決定、計算及び支払の方法

  10 賃金の締切り及び支払時期

  11 退職に関する事項(解雇の事由を含む)

 上記のほか、退職金、賞与、安全衛生、懲戒、休職等、

就業規則で通常定められる事項についても、

使用者がこれらに関する規定をおいている場合には、明示する必要があります。

 なお、平成24年労働基準法施行規則の改正により、有期労働契約の締結にあたっては、上記1ないし11のほかに、「契約を更新する場合の基準に関する事項」を書面により明示すべきとされていますので、注意が必要です。

 また、パートタイム労働者については、上記1ないし11に加えて、

昇給、退職手当及び賞与の有無についても文書の交付による明示が必要とされています(ただし、労働者が希望する場合はファックス又は電子メールでの送信も可能。パートタイム労働法6条1項、同施行規則2条)。

 このように、明示が求められる労働条件は多岐にわたり、これらを一つの書面で網羅することは大変です。

 そこで、就業規則を制定している会社においては、就業規則を交付するとともに、労働条件通知書には該当する就業規則の条項を記載するという方法で書面明示を行うこともあります。

 - リスク管理, 労務

Adsense1

Adsense1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自然災害の危機管理は人の判断に委ねない事。

広島の、豪雨災害時の初動についての記事があります。 北海道新聞web版 2014 …

カスペルスキー、サイバー犯罪組織同士の攻撃を確認

カスペルスキーは4月15日、同社のKaspersky Labの調査分析チームが、 …

ペヤング やきそば
企業保険としてのリコール保険は役に立つのか?

ペヤングのまるか食品のゴキブリ混入事件は、 ツイッターの投稿から始まっています。 …

フジTVドラマ 「リスクの神様」

企業にとってのリスクマネジメントは、なかなか難しいものです。 リスク管理と言うと …

法律で義務づけられるストレスチェック制度

6月25日、改正労働安全衛生法が公布されました。 改正のポイントは、 [1]化学 …