日々雑感

Thinking more Thinking

*

どうして女性や高齢者が「アダルトサイト被害」に合う?

   

ネットで何かと話題のFC2に捜査の手が入りました。
FC2のサービスの売りの一つが、
米国にサーバーがあることでアダルトサイトが多いことです。
実は、アダルトサイトがアップされているサーバー提供業者は限定されています。
国内のサーバー提供会社は、問題のある業種や業態のサーバー運用を認めていません。
アダルトサイト・風俗業界の運用も許可している
サーバー提供会社は限られるのです。

国民生活センターは23日、アダルトサイトから一方的に高額な料金を請求されたなどとするトラブルの相談件数が2014年度に10万6279件に上り、過去最多になったと発表した。スマートフォンの普及に加え、女性の相談件数が増えたことなどが主な要因という。
同センターによると、相談者の男女別割合は、09年度の男性73.2%、女性26.8%に対し、14年度は男性67.9%、女性32.1%と女性が増加。 その原因として、スマートフォンで女性向けの占いやコミック関連サイトを閲覧しているうちにアダルトサイトに誘導されるケースが目立つという。
同センターは「トラブルの際、業者に直接連絡を取ると、電話番号や名前などの個人情報を教えてしまう恐れもあるので注意が必要。身に覚えのない請求に対しては慌てて支払わず、まず消費生活センターに相談するなど落ち着いた対処をしてほしい」としている。(2015/04/23-18:00)

時事ドットコム

従来この手のアダルトサイトの閲覧による、不法請求は若者が多かったですが、
さすがに、情報交換やネット情報から防衛できる程に情報共有ができて来たのでしょう。
アダルト契約被害
データー:インターネットwatch インプレス社

スマホの普及で、女性や高齢者がこのアダルトサイトへ
意図せぬうちに誘導されて、
不正請求されているようです。
人に相談するのが恥ずかしいという思いで、
業者の言うがままに支払い続けて、
高額被害額になっているようです。

「お金をすでに支払ってしまった」という相談は3802件あり、1件当たりの平均既払い額は約27万円。中には数千万円支払ったケースもあった。利用規約への同意を求める▽「はい」「いいえ」のボタンがある▽再生ボタンを複数回押させる-などの作業を要求してきた場合は有料サイトであることが多いという。

料金の請求画面を表示させる際、IPアドレスや個体識別番号を表示させたり、シャッター音を鳴らし、あたかも写真を撮影して業者に送信したかのように装ったりして不安をあおるケースもあった。

産経ニュース 2015.4.23 18:22

ネットリテラシーと言われる、ネットに関する知識が不足している人達。
それが、高齢者や女性なのでしょう。
子供は支払い能力の問題で、親が関わります。
若者は、お互いの情報交換でサイトの危険性と、請求は嘘であること
対処方法を学んでいると思われます。
不安になった時に、直ぐに周りに相談する事です。
アダルトサイトの不正請求は無視する事しかありません。
電話はしない事です。

私が気になるサイトに、「占い」サイトがあります。
電話占いとして、気軽に電話で占い相談ができると謳ったサイトです。
ネットで検索をすると、いくつもの電話占いサイトがヒットします。
しかし、サイト運営者や住所がハッキリしないもの
占い者も源氏名やニックネームのようで、
サイトの作り構成がアダルトサイト制作会社が関わっているであろう事が、
明かなサイトがあります。
アダルトサイトのような金銭被害には繋がらない様にも思えますが、
個人情報の漏洩が考えられます。
目的は何でしょうか?
風俗業界への新手のリクルート手法の様にも見えます。

相談窓口としては、
■警察庁 サイバー犯罪対策サイトがあります。
https://www.npa.go.jp/cyber/
ネット上で困ったケースに遭遇した時に、こちらの該当する
サイトへアクセスして、相談して見て下さい。
もよりの警察のサイバー犯罪相談窓口へ相談してみましょう。

怪しいサイトは、ドメイン名も怪しいです(笑)
サーバーもまともなところではありません、困っているあなたが
もっともまともな存在である事を自覚して置いて下さい。
くれぐれも、注意してネットライフを楽しんで下さい。

 - アドルトサイト, ネット被害, 占い

Adsense1

Adsense1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした