日々雑感

Thinking more Thinking

*

マクドナルドが「KODO」(鼓動)アプリを全店展開

   

業績の低迷が話題に登るマクドナルドですが、

2015年4月21日より、全国全店で

「KODO」の名前のスマホアプリで、

顧客アンケート収集を始めています。

特筆すべきは、本社主導でなくOBで、

熊本のフランチャイズオーナ-の発案に

よる事でしょう。

 

日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、現在、熊本県内と埼玉県内の店舗(計211店舗)でトライアルを実施しているスマートフォンベースのアプリケーション「KODO」(読み方:コド)を、2015年4月21日(火)より国内の全店舗(約3,100店舗)に拡充します。

日本マクドナルドではこれまで、覆面調査等による店舗サービスの定点観測(マクドナルドが設けた自主基準での調査)を行ってきましたが、新たに「お客様基準」で店舗を評価していただくスマートフォンアプリ「KODO」(読み方:コド)を導入します。お客様がスマートフォンのアプリケーションを通じて店舗へ直接的にご意見をいただくKODOを導入することにより、各店舗とお客様一人ひとりとのつながりを作ります。KODOが店舗で働く店長・マネジャー・クルーとつながるツールとなることで、今まで以上に店舗QSC(クオリティ、サービス、クレンリネス)を向上させ、より良い店舗体験のご提供を通じて、マクドナルドに対する信頼の向上を図ります。

覆面調査は、小売業が広く採用している手法ですが、

  • 調査期間の事前告知、
  • サンプル調査で全店同時ではない、
  • 調査員からの報告があがるまでのタイムラグ
  • 本社の査定、チェックの為の色彩が強い
  • 顧客直接の意見ではない

等で、実際にマクドナルドを利用した感想として

  • トイレの掃除が不完全
  • 温度空調が、寒すぎる傾向あり(節電か)
  • BGMの音量が大きすぎる傾向

顧客の感想が、ダイレクトに店舗に届きタイムラグが少ないようです。

このアンケート方法は、コンビニでも効果を上げるでしょうが、

導入には店舗のオーナーの抵抗があるでしょう。

覆面調査で、評価点によって店舗展開の規制があったりします。

コンビニは瞬間利用、短時間利用が多いです。

そのためお客様の関心は殆ど、レジ周りに集約されます。

マクドナルドの100円コーヒーは、

コンビニのレギュラーコーヒー販売の走りです。

コーヒーは入れ立てが美味しく、時間と共に酸化が進みます。

コーヒーを注文した時に、コーヒーサーバーには残っていても、

店内で飲む時に、新たにたてる為に時間を下さいというケースを

何度も経験しています。

KODO

KODO

「KODO」の利用ですが同一店舗では、

月1回の返信に限定されています。

クーポンは翌日から利用可能、

使用期間も限定されています。

過剰な利用と、

アンケートお礼のコストを十分計算されています。

 

マクドナルド

モバイル機器が日常的に手放せない人には

電源基地としてありがたい存在です。

勉強をする学生さん、ネットビジネスのグループ

24時間営業ですから、腰を据えて話し込む2人等が

気になったところでしょうか(笑)

 

www.mcd-holdings.co.jp/news/2015/etc/etc0421a.html

 - マクドナルド

Adsense1

Adsense1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした