電源ケーブル線の区分方法

kindle

スマホ、タブレット、パソコンとモバイル機器を充電する事が
日課です。
固定された電化製品は、電源供給も電源プラグに挿しっぱなしが
当たり前ですが、
モバイル機器は外に持ち出すこと、その為の充電というプロセスが
必ず必要になります。
そのために、充電の為にも電源ケーブル線との接続を繰り返します。

コードレスでの充電機器もありますが、
私の手元のガジェットにはコードレスで充電できるものは、
ありません。
ガラケーの時代に、スタンドやドック式のものはコードレスですが
接点を持っていました。

私はアップル製品を使っていませんので、
電源ケーブルは、USB端子とマイクロUSB端子タイプBが両端についた
ケーブルと個別の機器に付属したACアダプターを接続しています。

この時、充電器の出力電圧や、出力電流が微妙に違います。
この違いが機器に影響を及ぼすことは少ないのですが、
友人が、Wimaxの充電機器とスマホを接続した時に、
どうもスマホの調子が悪くなってしまうようで、
一度はメーカに送って修理、その後もうっかりして
再接続して、またもや調子が悪くなったと
電話をして来ました。

たまに、外でモバイルバッテリーで給電する時はいいですが、
ほぼ毎日、充電の為に接続する事を考慮すると、
やはり、最初から付属していた充電器を使う方が
トラブルを未然に防ぐ意味では無難でしょう。

そこで困るのが、コードの判別です。
身近なモノを代用するというエコ発想で、
食パンの袋についている、留め具を使うという方法があります。
CD-R用マーカーでこの留め具に機器名を書き込んで、
使っています。
tagu

コメント

タイトルとURLをコピーしました